Mental Sketch: stylos

アニメの考察とか感想とか書いていくかも

ベルサイユのばら ベルばら 個人的感想メモ

白馬。リンゴ。水面。消失点に向かって消えていく光。火垂るの墓前。トルメキアの白い魔女=大砲とオスカル。
鳥。一緒の飛んでいる。アンドレを思いながら白い鳥を見て銃に撃たれるオスカル。見守り続けて飛ぶ鳥。
バラのロザリー。語り部のロザリー。女性性。ベルナール、アランはいいが悲哀を背負っているロザリー。
ベルばら・ナウシカ、戦闘美少女。赤い服が青い服に変わる。37話。原画・中村隆太郎、終盤認知。
メタ絵コンテ。メタ演出。メタディレクション。幾何的な拡張感。代数的な操作感。
40話。顔の血を拭き取る。落日としてのリンゴ。
39話。目を開いたまま逝くアンドレ。流星。死にうちひしがれるオスカル。虫の音と外套。語り部も死す。
37話。窓の十字枠がアンドレの左目にかぶさる。自画像を頼むオスカル。絵かきと新房コゼットの肖像。画面分割9。
37話。軍神マルスのようなオスカルの絵画。見えない感想を言うアンドレ。月桂樹の冠をかぶった。思い出の白いバラの野原という感想。
37話。でも月桂樹も白いバラも無い。アンドレの心象風景。蛍と川。ff10。叛逆ドールVS使い魔=開戦っぽさ。
38話。オスカルに撃ち殺された王党派かもわからない警戒中の青年とアンドレは等価値。オスカルによる殺人者としての罪と罰
38話。強風で砂が舞い、広場の噴水がサーッと吹き荒れる。全編通して噴水のある風景が多い。ジョーと違う線のブレ幅とは。
38話。噴水、何かしら場面に与える演出としての形象以外に、フィルムとして形を維持したまま水が脈動し噴水として生きているアニメーション。
36話。戒厳令下でパリに出張った軍を引くようにアントワネットに頼むオスカル。ロベスピエールすら大局観で赦す弟子のベルナール。
36話。我欲が最後のひと押しであることを肯定するベルナール。結局は民衆の行動いかんである。フランス国旗のトリコロールの洗濯物。
36話。オスカルは官僚主義。国粋的な傾倒は全くない。冷笑的に若きアントワネットの振る舞いを査定している。風下 風上
36話。対峙するオスカルと王妃。対面しているのに同じような風の流れるフェイスカット。相似形の風と涙と髪。オスカルの側にだけ噴水と植木。
35話。鳥が飛ぶということ。何かがあって一斉に飛ぶ。何処かへ向かっている。飛び立ちたいという意志。
35話。葉にむかって落ちて跳ねる露と我が娘を絶命させようとする父。特使によるアントワネットの恩赦。
35話。12名をアベイ監獄から救出。密偵オスカル。完全に体制側の謀反人情報機関の動き。アントワネットまたも恩赦12名。
35話。ただしアントワネットが暴動を防ぐため「パリを火に包んでいいのか」
35話。燃えるような夕日に照らされ12名の開放を喜ぶ真っ赤な民衆。既に民衆は燃えパリは燃えているアイロニー
出崎。劇画チックな煩わしさと大衆。軽やかな貴族のタッチと長濱演出。これが合一していく。煩わしさが力強さに転じていく。
34話。続けている窓の雨。激しい雨。天気と演出。平民議員の帽子や外套から流れ落ちる雨。同様に衛兵隊の帽子や馬の足元の雨。
34話。議会の国民議会派排除の命令拒否と石畳の雨に反射す衛兵隊。平民につくオスカル。話が面白い。入射光の客観性。
後半。出崎杉野調。意味がある。
33話。上空から川のカット。ちらつく雪と宮殿内に映り込む雪の影。集中線のような直線的な雨の激流。OPのホワイト・ライズ感。
33話。ベルナールと幸せそうなロザリー。アンドレに入れる紅茶の湯気がとても暖かそう。オレンジの衣装。窓に降り積もる雪。
33話。いつまでもこうしていたい=止まった風車。布巾を水に濡らすときに煌めく光。泣き疲れたであろうアランが合羽にたっぷり雨を滴らせながら帰還。
32話。私のアンドレ。雨上がりの水たまりにきれいに映り込む兵舎。一定のリズムで窓を流れ落ちていく雨の波形。アンドレへの愛の自覚と甘いショコラ。
31話。暗い夜に噴水の水だけ白く月光を反射する。対角線系。窓の雨傷物語。制服で弾けるスポンジ画白い雨粒。
31話。雨に濡れた石畳にアランとオスカルの決闘を見守る周りの人間も写り込んでる。
30話。縁談。武官としては潮時。ロベスピエールが教会の輝かしいステンドグラスを背景にサンジュストの暗殺を咎める。
30話。真っ赤に染まった街3つのレイヤー。赤い入射光。ピンクの石畳。衛兵隊あまりにチンピラ。煙草の煙のリズム。
30話。オスカルの父はパイプ。オスカルに縁談を進めた懺悔。背後の窓の木枠が十字架。封建的な社会とジェンダー論。
30話。オスカルがバラの花びらを一枚一枚摘んですべてをフッと息で舞い踊らせる。動きながらまとわりつく直接的な透過光源。凄すぎワロタ。
30話。縁談を知るアンドレ。去来する思いのタイミングで白鳩が水平に数匹、その後空へ大量に飛ぶ。
30話。スポンジ画のような砂煙のエフェクト。風の音と重苦しく回る風車。ジェローデルの告白。風車の羽越しに夕日。
30話。回っているので網目の羽がかかったり掛からなかったり。
30話。夕闇の中。同様にスポンジ画のようなフレアっぽい黄金のオーラを輪郭に保ったまま馬に乗る2つの黒い影。
30話。黒い影の内側は夕空にのこった光で輪郭に沿って赤く細く照らされている。同様に黒い影の稜線も影の内側に稜線に沿って赤い部有。
30話。最後に白い馬が闇の中紫色の馬に見えて終わり。演出企図とかではなく技術としてアニメとしてどうなってんのこれって演出。
30話。舞踏会に出るよう父親に言われ、さっきの白いバラと真逆に流れる闇の中の木の葉。父親の暗殺未遂。
30話。無事を知るオスカル。涙の演出は多いけど、珍しい透過光の寄り添うオスカルの涙。主に娘の舞踏会成功を頼まれる不憫なアンドレ。
30話。アンドレに私は簡単に嫁にはいかないと宣言。軍服で舞踏会を冷やかして帰るオスカル。責めないと決意するが娘の幸福を願う父。真っ青なハーモニー一枚絵で終。
30話。そういえばバイオレンスのある回だった。それも含めての情感のコントロール。愛が苦しみなら。新房のテーマ。


29話。衛兵隊が完全にただの愚連隊。淡々と出崎スタイル。オレンジの入射光の色と青い衛兵隊制服。
28話。愛したフェルゼンとの決別。アンドレの思いがついにオスカルに伝わる。やべーぞ。重厚な人間関係の変化。積み重ね。
27話。啓蒙サロン潜入。ハリウッド的なアクション回。オルレアン公との対峙。あっさりしてるけど窓の逆行越しに対峙。客観性と静けさ。歴史の審判。
26話。義賊ベルナール。大理石に反射するオスカル。教会の革命勉強会。時代の風、3月のライオン。雪。厳しさ。
26話。紅茶の湯気。割れるティーカップとカラスの羽。目、目が。

25話。二丁拳銃。フェルゼン。かっこよすぎ。それぞれの炊き続ける思いが暖炉の火。
25話。赤い馬車が水面で青い馬車に。桃色夕日ロングショット。オスカルがドレス!アンドレチャラチャラドレスw気づかないフェルゼンw
25話。純白のドレス氷の花。フェルゼンが肌。でかい噴水が風でブフォ!肉感的な接触に喜ぶオスカル。

24話。どんどんモブが出崎キャラ。時代の流れ車輪越し輻スポーク三角形に屋敷を望む。弾き語りの入れ子。人形とカラス。
24話。ダイナミックな隊列の躍動感と静的なオスカルの心。静かなステンドグラスの前で酒乱のジャンヌ。

23話。唯一見せた良心で盲目のニコールにとどめを刺せず、裁判でそのニコールに証言されるジャンヌ。
23話。振り上げた拳ととどめを刺そうと手を上げたときの反転対称カットを繰り返して演出。しぶといゾンビのような執念。
22話。私のお腹を蹴った者についてご相談。国王顔面蒼白、懐妊やったーワロタ。花火。打ち上げ花火。爆竹ペンシル作画。
22話。ピアノを引くアンドレ、屋根で作った三角形越しになにか尖った感情を思わせる。夕空で重苦しく流れる雲。不穏な空気。
22話。母親になってからのアントワネット。明らかに重厚でデザインが変わってる。まつげが重め?大衆とロベスピエール酒場。首飾り事件。
21話。立体的な波浪の作画。青と水色、白のハーモニー。馬。アナログチックな音もかっこい。打ち寄せる波の音。
21話。砂紋。重厚な画面。劇画タッチの影。ローアン大司教アホすぎワロタ。
21話。貧困の辛酸を嘗めたジャンヌ。詐欺をしてでも「いけないんだよ。(世の中)面白くなきゃ」悲しいなあ。


19話20話。出崎監督。変わった。シャルロットカメレオン噴水。桃色の空。話もダイナミックに動く。11歳シャルロット、投身自殺。
馬がカッコイイ。ダイナミックな奔流を感じる。劇画調。

18話 黄色と青。壁の色。黒字に白線で書かれたアントワネット、想い人フェルゼン伯爵の結婚予定を知る。
18話。真っ赤な雷のように顔を割る。暖炉の火越しにワインを飲むカット。カメラの位置が暖炉の中。
18話。結ばれることのない二人がワインの水面で中で手を取り合う。オペラをさぼった二人の邂逅。


17話 淡々とリアルに進める。続けてきた心象風景があるので。ロザリーとポリニャック夫人の対決。
17話。三日月からの暗殺をやめ母探し。アサシンエージェント育てるオスカルワロタ。月と暗雲。恋い焦がれる星の煌きロザリー。
17話。馬車に闇討ち。オスカルあぶなーい。フェルゼン伯。